通販物流とは何か?その意義や問題点や解決手段を紹介します!


通販物流とは何なのか?

インターネットの普及によって通販市場はどんどん拡大しています。しかしながら、それを可能にしたのは物流システムの進化です。それでは、通販の物流の定義とは何なのでしょうか。それはネット通販や通販サイトに関する物流全般のことです。この物流が発達したおかげで、どこに住んでいてもほしいものが通販サイトを利用することで手に入れることができるようになったわけです。

通販物流の問題点は何か?

通販物流の進化によってネット販売がどんどん拡大したわけですが、それには課題もあります。それはラストワンマイル問題です。このラストワンマイルというのは、荷物が発送されてからまだ配達が終わっていない状態のことを言います。これが何の問題になるのかというと、たとえば、せっかく商品を届けにいったとしても家主が留守のために配達を完了することができなかったらどうでしょうか。商品を配達できなかった場合は、配達業者はいったん持ち帰ってそれを管理しなければいけません。また、再配達依頼があれば再度同じルートをたどって届けることになります。こうしたことはネット通販が生まれたことで生じた新たな問題です。

問題の解決策にはどのようなものがあるか?

ラストワンマイル問題を解決するためにいろいろな工夫がなされています。たとえば、再配達依頼をするときには別途料金が発生するように料金設定することが挙げられます。あるいは、近年は商品を受け取る側の家に受け取りボックスを設置して、家主が留守のときにはそこに商品を入れてもらうということも行われています。

通販物流と聞くと、多くの方が大手通販会社を思い浮かべます。しかし近年の通販業界は大手だけに留まらず、商店街のような個人で出店する為だけのサービスを展開し、その物流を支えるシステムも生まれているのです。