レンタル倉庫と違う?物流倉庫を利用するメリットと選び方


レンタル倉庫との違いと物流ならではのメリット

商品の製造と販売を行っている企業の中には、商品の保管に物流倉庫を利用している所も多くあります。物流倉庫とは荷物の預け入れはもちろん、仕分けや配送などの各種サービスを行ってくれる倉庫のことです。利用におけるメリットの一つにコストダウンがあります。大量の荷物を保管するための倉庫を自社で持つとなった場合、土地の購入や建設、維持費といった様々費用を捻出しなくてはいけません。物流倉庫であれば初期費用が掛からない上に、管理する人員の確保や人件費などに頭を悩ませることもなく、大幅なコストダウンをすることができます。管理を専門としている業者なので、トラブルの心配もなく、安心して預けられるという点も魅力です。

同じようなサービスを提供している業者にレンタル倉庫と呼ばれる物があります。一見するとどちらも同じように感じられますが、レンタル倉庫は荷物を預かることがメインとなるので配送や仕分けなどの作業は原則行いません。レンタルは費用の安さという利点はあっても、管理の手間が掛かってしまうので企業として利用するのであれば物流の方がメリットは大きいと言えます。

失敗しない倉庫の選び方

一口に物流倉庫と言っても、場所によって広さや利用に伴う料金は違います。料金は土地代に比例するため、同じ広さでも都市部よりも郊外の方が安く借りることが可能です。ただし、自社から離れてしまうほど荷物の預け入れや確認作業に手間が掛かってしまいます。費用と利便性の両面で考慮して選ぶことが失敗しないコツです。

物流は、物品を配送することですが、必要に応じて、保管や管理をすることもあるので重要な役割を担っています。