倉庫を買うべきか借りたほうがいいのかの判断はどこか


早い段階から倉庫を導入したほうがいい場合

倉庫を購入するべきか、賃貸で済ませるべきかの基準点は複数存在しています。最も大切なこととして、自社で永続的に倉庫を必要とする場合、早い段階から自社倉庫を導入することを検討してください。事業を起こしたばかりの頃であれば賃貸で問題ありませんが、長期間の場合は会社で負担する経費が高くなるためです。長期間倉庫を利用する業務があるのなら、早めに倉庫を自社で用意するための準備をしてください。また、倉庫を管理するだけの従業員の存在も忘れてはなりません。自社で倉庫管理にたけている人材を雇用できるよう、求人サイトなどに広告を出し、募集することも必要です。正社員として雇用することで、長期的な自社の倉庫の管理が可能となるでしょう。

買う前に様子を見たほうがいい場合もある

現在使用している建物の一部を倉庫にするのか、すでに建てられている倉庫を購入するのかによっても判断が変わります。現在社屋となっている建物の一部を倉庫とする場合は、建築構造や建てられた年数、さらにスペースが希望するだけ存在するかどうかです。鉄筋や鉄骨などの丈夫な材質で作られておらず、スペースに不安がある場合は賃貸を利用して資金に余裕ができてから十分なスペースのある倉庫を購入したほうがいいでしょう。ただし、建てられている倉庫が自社の社屋から遠い場合、かえって不便となる可能性が高いです。自社で必要な時にすぐに配達が可能となるような場所を探してください。安心して利用できる物件を見つけて購入することが自社の業務に良い影響をもたらします。

3PLのメリットは、多岐にわたります。コスト削減は勿論ですが、生産性の向上や企業経営の安定にも繋がります。上手に活用することで、自社の物流構築に役立ちます。