なぜ太陽光発電が事業になるの?利益モデルを考えよう!


太陽光発電で利益を生めるのはなぜか

太陽光発電を事業にして儲けを出している人がいるという話を聞いたことがあるかもしれません。どうやって太陽光発電で利益を出すのかがわからずに悩んでいる人もいるでしょう。実は利益モデルはとても簡単なので理解を試みてみましょう。太陽光発電では太陽光発電システムを設置して、太陽の光をパネルに当てることにより生み出された電力を電力会社に売ることで収入を得るという仕組みになっています。太陽光発電システムの導入や維持管理に費用がかかりますが、それ以外は特に経費がかかりません。そのため、比較的変動費が少なくて済む事業になるという点でよく注目されています。ただ、問題になるのは売電価格がどのくらいかということでしょう。

売電価格の実態を知ろう

多くの人が太陽光発電による事業を開始したのは売電価格が高い水準で固定されていたからです。国が定めた固定価格買取制度によって再生可能な資源を使って作られた電力については高額で買い取ってもらうことができました。その売電価格が下がってきてしまっているので新規参入のケースが少なくなっていますが、高かった当初に多くの人が注目して事業を始めたという経緯があります。ただ、今でも買い取ってもらうことができるので収入が上がりにくくなっていることさえ覚悟すれば事業を起こせる可能性があるでしょう。どのようにして十分な利益を上げられるようにするかをよく考えて、事業にすべきかどうかを判断するのが重要になっています。

太陽光発電は、設置するパネルの枚数や面積によって施工の費用が大きく変わるのが特徴です。日中の日当たりを考慮して設置場所を決めることが太陽光発電の価格を抑えるコツになります。